エンデのプロフィール(生涯年表)

西暦 年齢 おもなことがら
1929 0 ドイツのガルミッシュで画家エトガー・エンデとルイーゼの長男として生まれる。
1936 7 国民学校に入学。
1940 11 マクシミリアン・ギムナジウムの入学試験合格。(1939年から第二次世界大戦始まる)
1941 12 ギムナジウムの一年で落第。留年となり、イザール河に飛び込んで死のうとまで思いつめる。
1943 14 ミュンヘン市内の空襲激化のため、故郷ガルミッシュへ疎開。ここで優等生の学友に刺激を受け詩作を始める。
1946 17 授業を再開したマクシミリアン・ギムナジウムに一年だけ通ったのち、シュトゥットガルトのシュタイナー学校に入学。
1947 18 演劇に興味をもつ仲間と「屋根裏劇場」をつくる。また、広島に捧げた処女戯曲『時は迫る』を書く。
1948 19 卒業試験直前にシュタイナー学校をやめ、ミュンヘンのオットー・ファルケンベルク演劇学校を受験し、合格する。
1950 21 演劇学校を卒業後、レンズブルク市の劇場で1シーズンだけ舞台に立つ。この間、第二作目の戯曲『サルタンの二乗』を書く。
1952 23 ミュンヘンにいくつもあったカバレット(寄席)のために歌や小劇を書き、わずかながらの収入を得る。
1954 25 この年から約6年間、バイエルン放送局で定期的に映画評の番組を受け持つ。
1957 28 ブレヒト理論による演劇に絶望し作家を断念しようとしたとき、友人のイラストレーターから絵本の文章執筆を依頼され、ファンタジーに導かれるまま、もう一度だけ書こうと決意する。
1958 29 10カ月後には子供の本2冊分の原稿『ジム・ボタン』となり完成。
1960 31 完成後2年間を経てティーネマン社に認められ出版。
1961 32 家賃滞納によりアパートの立ち退きを迫られていたところへ、『ジム・ボタンの機関車大冒険』ドイツ児童文学賞受賞の連絡がくる。
1963 34 再び劇作に心を向け、戯曲『遺産相続ゲーム』にとりかかる。1966年、完成。1967年、フランクフルト市で初演。
1964 35 インゲボルク・ホフマンと結婚。
1971 42 南イタリアのジェンツァーノに移住。『モモ』の完成を決意。
1972 43 メルヘン小説『モモ』完成。ティーネマン社から出版。センダックの挿絵を望んだが果たされず自筆のペン画を挿絵とする。
1974 45 ドイツ児童文学賞の選考委員会は1票差で『モモ』を1974年度青少年文学賞の受賞作と決定。
1977 48 東京・京都中心に日本に滞在。能、歌舞伎鑑賞、弓道場訪問、禅寺での老師との対談などが、物語の構想に強い影響を与える。
1979 50 『はてしない物語』を三年がかりで脱稿。秋の発刊と同時に、大好評を博す。
1981 52 『はてしない物語』「ヤヌシュ・コルチャック賞」受賞。
1983 54 『鏡のなかの鏡』完成。
1984 55 映画『はてしない物語』公演。エンデは原作とかけ離れているとし、最終シーンを削除させるために訴訟に踏み切る。
1985 56 バイエルン方言のオペラ『ゴッゴローリ伝説』がゲルトナー劇場で初演。妻インゲボルク没。
1988 59 ナンセンス・オペラ『スナーク狩り』初演。
1989 60 「エンデ父子展」のため来日。9月、佐藤真理子と結婚。
1991 62 黒姫童話館開館。ミヒャエル・エンデ展示室が常設される。
1992 63 『モモ』100万部出版記念で来日。滞在中、黒姫童話館を訪問。
1993 64 『ハーメルンの死の舞踏』出版される。
1994 65 胃潰瘍の検査でガン細胞が見つかり、ミュンヘン大学病院で手術を受ける。
1995 66 8月28日午後7時、永眠。9月1日、ミュンヘン市「森の墓地」に埋葬、11月12日ゲルトナ-劇場で追悼式。
plofile_photo

ページメニュー

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+