黒姫童話館各フロアとコーナーのご案内

童話館にはエンデの資料約2000点が収蔵され、展示室にはその中からの代表的な資料を展示しています。エンデに関するいろいろな資料を日本で唯一展示しています。

「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズ、「龍の子太郎」など子供から大人まで多くのファンを魅了する作家 松谷みよ子のコレクションや資料を常設展示。

世界の名作童話をはじめ、おなじみの童話の主人公に出会えます。また、グリム、アンデルセンに関するクイズなどを楽しんでいただけるコーナーです。

天井からの自在かぎには、古い鉄なべがかかっている。そんな炉端で昔話を楽しみあうのがこの小部屋です。昔話を映像やユニークな仕掛けで見学できます。

信州児童文学会が発行する少年少女雑誌『とうげの旗』のあゆみを紹介しています。

本棚にあるおよそ200冊の絵本を手にとって見ることができます。日本の童話のほか、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの童話も楽しめます。くつろいだ気持ちで、自由に本を手にとって読んでください。

ちひろのアトリエが窓越しに見える喫茶室。ドリンクや軽食でくつろぎのひとときをお過ごし下さい。※入館料なしでご利用いただけます。

エンデの本、世界の絵本、レターセットなど童話のキャラクター商品を取り揃えております。来館の記念やおみやげに、ぜひどうぞ。※入館料なしでご利用いただけます。

200席あるイベント会場。週末や夏休みを中心に朗読会や講演会、コンサート、人形劇、紙芝居、語り芝居などさまざまなイベントをお楽しみいただけます。

酒井朝彦、塚原健二郎、山室静の3人の先生から寄贈していただいた図書が並んでいます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+